TOP > 技能 / 技術伝承動画

動画マニュアルで師匠の役割を補佐、技能伝承を実現

団塊の世代のベテラン技能者が大量退職する、いわゆる2007年、2012年問題を抱え、それに伴う保有技能の伝承が緊急の課題となっています。日本が誇るモノづくり技術をこれからの若い技術者にどう伝えるか。 その問題を解決すべく弊社が注力しているのが技術・技能伝承です。視覚的にも分かりやすい3次元モデルを含んだマニュアルや、ネットワーク対応の企業内共通ツールを導入する企業が増えている昨今、弊社で動画制作から企業内共有ツールをまとめてご提案いたします。
会社紹介動画

こんなお悩みや心配ありませんか?

  • 自社は中小企業で若者の労働が不足し技能・技術が失われようとしており、それらをどう残し伝えるかに困っている
  • グローバル展開や製品ライフサイクルの短命化などにより、技術や技能を製造現場へ効率的に伝承(移転)し、素早く生産を立ち上げ、生産性を向上したい
  • 熟練作業者の技術や技能を伝承しようにも、熟練者自体がノウハウとして気付いていない
  • 作業の自動化により若手が作業の背景や原理原則などを理解する機会が確保できない
  • 熟練作業者が第一線に立って製造活動を行わざるをえない状態となり、技能伝承の取り組みが遅れるばかりか、トラブルが発生した時に若手作業者が適切に対処できない
  • 技術・技能伝承の取り組み

    技術・技能伝承の取り組みは、まずは自社の現状を把握して、いつまでに、何を、どのように伝承するか、いわゆる技術・技能伝承計画を、会社全体の取り組みとして明確にする必要がある。伝承目的が「全社的な技術の底上げ(標準化)」なのか、或いは「特定の熟練技能の伝承」なのかを見定め、その目的によって、進め方や効果、推進体制などの取り組む内容を決定する。例えば、人材育成計画として伝承者と継承者、伝承技能と目標レベル、育成に使用する教材(動画、作業標準等)の作成計画を策定する必要があります。弊社では、動画制作をご提案いたします。

    技術・技能伝承の定義

    「伝承者と継承者が同じ判断基準に基づき、同じ行動を行うことができること」であり、伝承者の知識、判断基準、行動を正確に把握し、継承者にとって必要な情報のみを伝承することといえます。そのためには、伝承者と継承者が一体になり、また継承者の視点に立って必要な技術・技能伝承ポイントを特定して伝承する必要があります。この点をどのように捉えるかで、その後の成果に大きな違いが出ることとなります。2007年問題で課題を抱える多くの企業は、技術や技能の洗い出し(技術・技能マップ)は出来ているものの、この伝承ポイントの特定と伝承の方法を軽視した結果、使われない動画や熟練ノウハウが含まれていない作業標準が氾濫した状況となっている場合が多くあります。弊社では教材型の技術・技能伝承について、これらを効率的に実現するための手順と注意すべき点について、これまで培ったノウハウがります。

    動画を用いたマニュアル作成で得られる効果

  • 熟練技能者のノウハウを後継者に伝承することができ、企業としての生命線ともいえる「技能」という財産を見える化・数値化して永久的に保有する事ができる。
  • スキル評価により、マニュアル使用による教育効果を数値で把握できる。
  • 技能修得時間を短縮し、効率化を図ることができる。
  • 技術・技能を標準化し、品質向上、生産性の向上を実現し、コスト削減が実現できる。
  • 対応内容

  • 作業手順書からシナリオ作成
  • 現場の動画、写真撮影
  • 動画マニュアル活用教育と育成方法
  • 熟練技能者に対し、ノウハウ・暗黙知のインタビュー(抽出)